Overview

  • ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2019@広島国際会議場
  • OS:生物移動情報学 10件
  • オーガナイザー:橋本浩一(東北大学),玉木徹(広島大学),妻木勇一(山形大学)
  • 参加者:約80名

発表リスト

口頭発表

  • 2P2-E01: ドローンを用いたクジラ用ロガー装着システムのフィールド評価,〇村上遼太、土屋晃佑、豊島拓実、古澤大地、安里輪、妻木勇一(山形大)、森恭一(帝京科学大)、岡本亮介(小笠原ホエールウォッチング協会)
  • 2P2-E02: 傾斜や溝を有しない無限平面システムの駆動機構の開発,〇岩谷靖(弘前大)、鶴井香織(琉球大)、本間淳(沖縄県病害虫防除技術センター/琉球大)
  • 2P2-E03: 母船の船首方向を考慮した水中ドローン用操作インタフェース,安里輪、豊島拓実、韓現泰、戸森央貴、〇妻木勇一(山形大)
  • 2P2-E04: GPS ロガー及びGPS 音響ロガーを用いた野生コウモリの長距離ナビゲーション戦略の検討,〇中井元貴、藤岡慧明(同志社大)、福井大(東大)、依田憲(名大)、飛龍志津子(同志社大)
  • 2P2-E05: コウモリのハイブリッド超音波センシング術を模倣した自律走行ロボットによる2台走行実験,〇久保田智也、中出翔也、大谷倖平、小林耕太、飛龍志津子(同志社大)
  • 2P2-E06: 海鳥の身体的特徴と移動ダイナミクスの関連性の解析,〇鍋島英秀、Ilya Ardakani、橋本浩一(東北大)
  • 2P2-E07: イべント時プローブ軌跡データを用いた異常車両評価,〇髙山真太朗、桑原雅夫、川崎洋輔、梅田祥吾、橋本浩一(東北大)
  • 2P2-E08: 振動発電システムの可変キャパシタンスによる共振周波数調整と極値探索制御による出力電力最大化の検討,〇武達也、目黒誉之、山本茂、上野敏幸(金沢大)
  • 2P2-E09: 海鳥の経路予測のための GPSバイオロギングデータと畳み込みニューラルネットワークによるモデル化,〇松原翔大、山本茂(金沢大)
  • 2P2-E10:「Goal-oriented navigation of Kilobots using a positionless motion model, *Guanqing Luo, Shigeru Yamamoto(Kanazawa Univ.)